読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南インド、ケララでかなりveggyなhealthy life

インド人に嫁いだ日本人から、読んだ方が「私もインドに行ってみたい!」って気分になるような情報を発信してきます。

電気スクーターありですか?

先日、コーチに行った際に親戚の家を訪れた。

結婚した後には、親戚周りをするのが慣習になっていると前に書いたかもしれないが、1月に結婚してからだいたい毎月コーチに帰る度に数軒を訪れていても、まだ終わらない(笑)インド人の親戚の多さといったらない。超高齢化社会へ真っ只中の日本からすると、羨ましいことなのかもしれないのだけれど。

 

さて、今回はお義母さんの弟(おじさん)のお家。

f:id:misopurin:20160824193823j:plain

大きなおうち!

 

まずは、自宅に生えているパッションフルーツの生絞りジュースでお出迎えしてくれた。初めて飲んだよ、生絞り。超おいしい〜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

庭に行くとパッションフルーツがたわわに実っていた。これは贅沢だなぁ。

 

そして、たくさんのご馳走で、もてなしてもらった。

フィッシュカレー、チキンカレー、小エビのカレーに豆のカレー。

f:id:misopurin:20160824194455j:plain

 

 

ケララ州は北インドに比べて、ノンベジタリアンが非常に多く、ピュアベジタリアンの私の夫やお義母さんは親戚の中では、ちょっと面白がられる変わり者扱い。

おもてなしというと大抵フィッシュカレーとチキンカレーが定番。そしてよく食べる、食べる、食べる。

そして、自分の姉(お義母さん)のストイックな食生活を小馬鹿にしながら、自分は糖尿病という。。。_φ( ̄ー ̄ )

 

f:id:misopurin:20160824195044j:plain

 おうちの中も綺麗。

f:id:misopurin:20160824195236j:plain

 

食事の後、話をしていると、車を持っていない私達におじさんが電気スクーターを勧めてきた。

これがそのスクーター。

f:id:misopurin:20160824194724j:plain

 

電気で走るのでガソリンが入らず、スピードも30kmまでしか出ないそう。

 

「これを買えば、免許なしで公道を走れるから、便利よ。」

 

「・・・・?!( ? _ ? )」(あれっ、どこからどう見てもスクーターだけど、電気っていう理由だけで、公道を走れるもの?あれっ?なんかおかしくない?)

 

これってありなのでしょうか?未だに、日本の場合でもありなのか、無しなのかよく分からなくなってきましたよ。

 

電気自転車は日本でもよく見ていて、確かに公道や歩道を走っていたけれど。。。交通ルールは自転車用でしょ。スピードが出ないという理由だけで、無免許で一般道を走れるスクーターの存在が、さらにインド交通の無法化を推し進めているのではないか。

 

この間も、友人と話していると、「車の免許取るなら、○○学校がいいよ。少しお金積めば、すぐ合格にしてくれるから!」

 

「いやいやいやいや、そういう問題じゃないでしょう〜。(-_-)」・・・とも言えず。

とりあえず、「オッケー」と愛想笑い。

 

交通規則、マナーにかかわらず、インド人には”危険回避・予防・事前計画”これら全てのものが欠けているのではないかと思えてならない。

 

 

 

それはさておき、ここトリバントラムにようやくちょっとイケてるレストランがオープンした!

早速、行ってみた。

なんと、フォッカッチャやバケット、チャパッタが並べてある!

そして、ケーキがまとも!生チョコレートも!((((;゚Д゚)))))))

感激!

 

f:id:misopurin:20160824015420j:plain

f:id:misopurin:20160824015711j:plain

 

ケーキと生チョコを注文して店内で食べてみた。

フォークがプラスチックじゃない!

店内が停電や電気のトラブルではなく、あえて薄暗い!

美味しい!

 

f:id:misopurin:20160824015939j:plain

 

念のため、次の機会のために、メニューをチェックしてみた。

パスタやピザ、サラダもある!

夫、アヌーが唯一食べれる大好きなマルガリータもある!

 

アヌーが店員を呼んでみた。

アヌー:「このマルガリータのトッピングはなんですか?バジルとトマトとモッツアレラ?」

店員:「・・・・・・(質問の意味がよく分かっていない様子)メニューにあるように、チーズだけです。」

私:「チーズだけじゃ、マルガリータじゃないよ。」

店員:「当店特製のチーズマルガリータです。」

 

アヌー:「ほらね。」

 

惜しい!!!