読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南インド、ケララでかなりveggyなhealthy life

インド人に嫁いだ日本人から、読んだ方が「私もインドに行ってみたい!」って気分になるような情報を発信してきます。

パンチャカルマで有名な施設に行ってみた。(We visited Dr.Franklin Panchakarma center.)

まず最初に、パンチャカルマって何?ですね。

 

パンチャカルマはアーユルヴェーダの治療法の一つで、体に溜まった汚れをきれいに浄化する方法です。

アーユルヴェーダでは、体内で消化されなかった未消化物をAma(アーマ)といい、これが病気や不調の原因と考えられます。また、個人個人が持っている体質、または生命エネルギーのことをDoshas(ドーシャ)といい、大別するとヴァーダ(風)、ピッタ(火)、カッファ(水)、これらのどれかが過剰になってバランスが悪くなることも、同様に病気の原因になります。

パンチャカルマは、このAmaを取り除き、Doshasのバランスを整えることを目的に行われます。病気の人は治療目的で、病気じゃない人も予防や健康増進の目的で、このパンチャカルマを受けることができます。

 

ここまで読むと『なんか体のデトックス出来るっていい感じ〜♪私もやってみたーい』と思う人がいるかもしれない。

ただ、言っておきます。これはかなりハードです。まだ、試したことないけど、結構きつそうです(−_−;)

 

簡単にその治療法を説明すると・・・・症状に応じて、以下の5つの方法の組み合わせを行います。(そもそも”パンチャ”は”5つ、”カルマ”は”方法、トリートメント”という意味。)

 

嘔吐法・下剤法・浣腸法・点鼻法(鼻から薬を入れて口から排出)・瀉血法(皮膚から血液を出す)

 

はぁはぁはぁ(´Д` )、書いただけで苦しくなってきましたよ・・・

しかも、瀉血の方法が施設によってはヒルを使って血を抜くというし・・。

この前処置で、コップ1杯の油を飲まされるっていうし・・・・。

 

ただ、このパンチャカルマ、本当に様々な病気や不調に効果があるということで世界中の人がこの治療を受けにインドにやってきます。ケララはアーユルヴェーダ発祥の地としてその治療の場としても、有名なところです。

私の日本人のお友達はアトピーが治りました。

ただ、忙しい日本人にとって難しいのはゆっくり養生することが一番大事ということ。

少しずつオイルマッサージ等で体の準備を整えてから、本番の治療が行われ、その後十分に静養して体のリセットをするのです。

 

というわけで、今回そのトリバンドラムにあるパンチャカルマの施設で、世界的に非常に有名なDr.フランクリン、アーユルヴェーダセンターに訪問してみました。

ちなみに、Dr.Franklin先生はインド人です。

 

日本からもパンチャカルマに非常に興味があるというお声を何度か聞いて、ケララに暮らす身として、一度訪れてみたいと思って。

 

家からバスで約1時間30分。車2台がやっと通れるというメイン道路を南へ南へとひた走り、チョワラビーチに向かいます。バスを降りると周囲のローカル感とはだいぶ違う、素敵な建物が見えました。

ここがDr.Franklin's Panchakarma institute & Reseach centerです!

 

www.dr-franklin.com

 

 

一応、事前に電話で見学は可能ということだけ聞いていたのだけれど、受付に行ってみるとラッキーなことにDr.franklin先生の娘さん(この方もドクター)に建物内を案内してもらいました!

 

f:id:misopurin:20160901005428j:plain

お庭が可愛い♪

 

 

 基本的には最低21日のコースから。

まずは先生の問診を受けて、個別の治療プランを立ててもらいます。

マッサージ等を組み合わせ、だいたい1日2〜3時間のトリートメント。

だから、21日とは言っても体に無理のないように、ゆっくりゆっくり免疫力を高めていくそうです。

 

f:id:misopurin:20160901004535j:plain

 

治療中は、個々に合わせてベジタリアンメニューが組まれます。

素敵なレストラン〜。

f:id:misopurin:20160901004710j:plain

 

 

ここがトリートメントルーム。合計10部屋位あったでしょうか。

f:id:misopurin:20160901004746j:plain

 

 

ヨガや瞑想の施設も!

f:id:misopurin:20160901005321j:plain

 

f:id:misopurin:20160901005135j:plain

 

 

 お部屋もレベル高い。

f:id:misopurin:20160901005840j:plain

 

f:id:misopurin:20160901005943j:plain

 

 

 

部屋からの眺め。

 

f:id:misopurin:20160901010159j:plain

 

 正直、ここまでレベルが高いと想像してなかったから、ある意味感動。

そして、案内してくれた先生以外にも施設内で出会うスタッフさんの笑顔が優しいこと、親切なこと。

 ここなら、ハードな治療も何とか耐えられそう??

そして、インドの施設の清潔さ等に心配がある人にもここはおすすめできると確信。

 

 施設内で会うのは、欧米の少し年配の方々。

欧米ではスパで療養する文化もあるから、健康の為にこういう休暇の使い方するのも特別ではなさそう。

いつか、いつかきっと体験してみよう〜。そう思いながら施設を後に。

 

f:id:misopurin:20160901010506j:plain

 

 あっ、気になるお値段ですが、治療+薬代+3食で日本円で約8000円(1日)、これに宿泊施設約2〜3000円(1日)が加わるので、ざっと、1日1万円というところでしょうか。21日で約21万円。

 

本当にお悩みがある人で、西洋医学での治療代と比べると、高くないような気がしますね。

ヨーロッパでのエステ三昧コースでも軽くこの位いきそうだし・・・。

 

今まで、他のパンチャカルマ施設を訪ねたり調べたことがないので、本当の相場は今のところわかりません。。

追って、情報はアップデートできたらと思っています。