読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南インド、ケララでかなりveggyなhealthy life

インド人に嫁いだ日本人から、読んだ方が「私もインドに行ってみたい!」って気分になるような情報を発信してきます。

クリシュナの結婚式 パート2(初めて、牛のう◎ちを触った日)

『クリシュナの結婚式』後半です。

寺院での結婚式を済ませ、家族親戚での会食が終わりました。『さて、無事終わった~。お役目お疲れ様』。家に帰ろう。

式の間、一切笑顔を見せない新婦を見て、クリシュナの今後の結婚生活を(勝手に)想像しながら浮かない顔をする旦那、アヌーをなだめながらタクシーで家に向かいました。

 

アヌー:「午後から仕事に行きたいけど、ちょっと家で休みたいな。クリシュナとも2人で話したいし・・・」

私:「・・・この晴れの日に・・・・余計なことを言うでないよ。」

 

家につながる小道に入った途端、なにやら人だかりが。

クリシュナの新婦が泊まっている家の前で、家族親戚がたむろしている。

タクシーを降りると、部屋の中で儀式が始まっていた。新郎の首からかけた布と、新婦のショールの端同士と結び付けて、食べ物を食べ合っている。

 

アヌーが写真を取りながら、「スマイル~♪」と言ってみる。

f:id:misopurin:20161206000529j:plain

・・・・・だめだ。*1

 

こうなったら私もっ!と隣でヘラヘラしてみる。

f:id:misopurin:20161206000840j:plain

・・・・だめだ~(--〆)

 

今度は、みんなでクリシュナの家に大移動。クリシュナと新婦はタクシーに乗り込む。

 

みんなが待ち構える家の入口に2人を乗せた車が停まると、また儀式が始まった。

同じヒンズー教でも地域が違うと儀式も、しきたりも全く違うみたい。北と南の違いではなく、各州、地域によっても様々だと言う。

 

さて、家族が歌いだしたとおもったら、なにやらお盆に色々載せて車の前にやってきた。葉っぱを火にかざして頬にこすりつけて、なにやら米や豆みたいなのを顔にふりまき(これライスシャワーの様な感じですね)、茶色と白いお団子状のものをつまんでは、車の反対側へ放り投げる。

f:id:misopurin:20161206002348j:plain

 

 

f:id:misopurin:20161206002415j:plain

 

私:「ねぇねぇ、あのお団子は何?」

アヌー:「・・・・・・」

私:「ねぇ、聞こえた?」

アヌー:「何でも知った方がいいことと、知らなくてもいいことがある」

私:「?????」

 

クリシュナの家族の女性全員がその儀式を終えた後、私が呼ばれた!

『あなたも祝福してちょうだいね』

 

歌も歌えないし、何やってたかちゃんと見てないけど・・とためらったが、全員が笑顔でうなずいている。この雰囲気、絶対壊せない・・やるしかないっ。

 

アヌーが何か家族に言っている。「白いのだけ、白いのだけ」

 

ようやく、2人の乗る車の近くに立って、お皿を眺めてアヌーが言いたいことが分かった。

お皿に乗っていたのは、牛のう◎ち団子だった!!(@_@;)

白いのは、お米で出来た団子らしい。

 

家族のみんなが歌ってくれる間、指示どおりに葉っぱを5回、ライスシャワーを各5回。

そして、そして、アヌーが白いのだけって言ってたけど、順番が茶色触ってからの白なので、よく見ると白いお団子もまんべんなく、茶色くなってるじゃん!

やるしかないっ!

 

本当は茶色団子をつかんで、しばらく車の上で歌いながら、腕を何回も回さないといけないんだけど、私は、「つまんで・かざして・ホイっ」。

でも、やった!やり遂げた!

 

アヌーがすかさずやってきて、

「これは、たぶん近所にいる例の子牛のう◎ちだから、フレッシュだから、フレッシュだから、大丈夫。」

となだめてくれた。

 

・・・・・フレッシュだから、何が大丈夫か分からない。

 

でも、インドでは牛は聖なるものだし、牛のう◎ちが肥料になったり、今でも家の補強に使われたり、他にも役に立っていることは知っている。だから、昔の人はこうして儀式の中に、取り入れているのだろう。

 

その後、2人はバナナの葉っぱの上を歩きながら、家の中に入って、それからまた儀式。

お姉さんが新郎新婦の足を洗ってあげて、壁に、例の茶色団子を押し付けて(また登場!?)、その上に貝を押し込んで、わらみたいなものをさらに刺す。

それから、また食べ物を食べ合う。

もう、同じ手で食べ物を触ったとか、この間手を洗ってないとか、そういう事は考えない事にします!

神聖な結婚式だから。

 

f:id:misopurin:20161206005631j:plain

f:id:misopurin:20161206005642j:plain

 

f:id:misopurin:20161206005713j:plain

 

全ての儀式が終わって、ようやく1階の自宅へ戻る。

はぁ~本当に終わった。もう一回、丁寧に手を洗おう。

 

その夜、クリシュナが夕食のおすそ分けを持って来てくれた。

しばらく、アヌーと3人でおしゃべりした後、アヌーが言っちゃったよ。

 

「クリシュナ、彼女との結婚、考え直した方がいいんじゃない?今ならまだ間に合う!役所の手続きをしなければいいんだから!あの子、ずっと刑務所に入るみたいな表情だったよ。クリシュナっ」

 

アヌーの熱い、熱い言葉をクリシュナは、笑い飛ばした。

「大丈夫、緊張してるだけだって!これから、少しずつ彼女を理解していくって。僕はそれが楽しみだから、大丈夫。」

 

今までに1回しか会ったことがなく、そのお見合いの時も、今回の結婚式の時も、おなじ表情だったという彼女を受け入れようとするクリシュナ。

 

クリシュナって大きい。インド人ってすごい。

 

 う◎ちぐらいで騒いだ私・・・ちっさい。

 

 

 

*1:+_+